まつ毛を長くするには?

2019年07月19日
目がきれいな女性

まつ毛が短いとまつ毛エクステをつけたり、ビューラーなどを使ったりすることがありますがこれらはまつ毛に思った以上に負担をかけていることがあります。
クレンジングや洗顔などの際に目元をごしごしとこすってしまったり、目元のメイクが落としきれずの残ってしまったり、ビューラーを使う力が強すぎる、ビューラーのゴムを長い期間交換しないなどと言う場合にはまつ毛に負担をかけてしまっているので、成長期にしっかりと伸びきれずに抜けてしまうことがあります。
まつ毛を長くするには、こういった負担をなくして成長期を長く維持させることが大切です。
自力で長くする方法としては、まずはまつげ美容液を使うのがおすすめです。
手軽に始めることができますし、センブリエキスやオタネニンジン根エキスなどといった成分がまぶたにしっかりと栄養を与えて、いま生えているものを抜けにくくして、太くて丈夫なまつ毛が生えてくるように促すことができます。
またきれいに伸ばすことができるようにヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分などが配合されているものも多く販売されています。
配合されている成分や筆タイプ、チップタイプなどがあるので自分の使いやすさ、継続しやすい価格などを基準にして選ぶようにすると良いです。
それと併用して、まぶたの血行を促進させるようにすると効果がアップします。
方法としては蒸しタオルやホットアイマスクなどがあり、蒸しタオルなどを目の上にあてて5分ほどおいておきます。
このときタオルでこすったりして瞼に刺激を与えないように注意しましょう。
目元を温めたら目頭の下にある骨の部分に人差し指と中指の腹を当てて骨に沿って目頭の下から目じりまで優しくマッサージするのもよい方法でこれらをしばらく続けることでまつ毛を長くすることができるようになります。

関連記事
まつ毛にコラーゲンが効く理由とは

コラーゲンは健全な人体を維持する為にも欠かせない成分ですが、しかしながら加齢などが原因によってどんどん機能が衰えてしまいます。コラーゲンは色々な部分で活躍している成分であり、まつ毛にも関連性があります。まつ毛を始め、髪の毛などはタンパク質によって作られているのですが、コラーゲンもタンパク質の一種です

2019年08月22日
自まつ毛を育てる方法

抜け毛や薄毛対策などとして頭皮に刺激を与えるために髪の毛をブラッシングをすることがありますが、まつ毛も髪の毛と同じように刺激を与えることによって長くなったり量が増える場合があります。そのため、自まつ毛を育てるためには適度にブラッシングをして刺激を与えることがポイントです。しかし、目やまぶたなどの目の

2019年08月04日